お知らせ・更新情報

★★  電話受付時間、大幅に変更です  ★★

2月25日 (月) から、より一層のサービス向上をいたします
受付時間: 月〜金曜日 9:30〜15:00 
(土・日・祝日はお休みです)

お問い合せはこちら >>>

●お知らせ●

創立メンバー

川竹文夫

理事長

川竹文夫

(NPO法人ガンの患者学研究所表代・元ガン患者)

●著作物・詳細はこちら

安保 徹

副理事長

安保 徹

(新潟大学大学院教授)

●著作物・詳細はこちら

寺山心一翁

寺山心一翁

(超越意識研究所代表・元ガン患者)

●著作物・詳細はこちら

昇 幹夫

昇 幹夫

(日本笑い学会副会長・医師)

●著作物・詳細はこちら

船瀬俊介

船瀬俊介

(環境問題評論家)

●著作物・詳細はこちら

宣言

2006年10月21日、私たちはここに「日本ウェラー・ザン・ウェル学会」設立を宣言する。
創立メンバーは、わずかに六人。資金などあるはずもなく、どれほどの同志が集まるのかさえ不明。しかし。私たちは慎重が臆病につながることをなによりも怖れる。
無限の反復に見える波も、二度とは同じ形で打ち寄せない。とすれば、私たちに、使命を運んでくる時代の波もまた、ひるんで逃せば、決して二度とは訪れないだろう。
時は今。
どんなに大きな歴史のうねりも、その始まりは、一つのさざ波にすぎなかった。その真理をどこまでも信じ、まだ見ぬ同志とともに、私達は立ち上がる。
終わらせたい悲劇がある。創りたい時代がある。

学会名の由来

「ウェラー・ザン・ウェル」(Weller Than Well)とは、誰言うとなく伝えられてきた言葉。直訳すれば、「健康なときより、いっそう健康」。

しかし私たちの学会は、この言葉を次の様に、より積極的に解釈する。 「自助努力によってガンを治した人は、ガンになる以前にも増して、心身共に、はるかに健康で幸せな人生を送ることができる」と。

学会創立メンバーの一人、世界的免疫学者である安保徹は、病がもたらす発熱や痛みなどの不快な症状はすべて、身体が自らを回復に向かわせるための〈治癒反応〉であると指摘する。

とすれば、病自体がすでに、病む人の心と身体、人生と命を、より良きものへと導く〈癒しのプロセス〉だと考えることができる。つまり、病は〈善〉。

そして「ウェラー・ザン・ウェル」は、病んでこそ実現できる、そのもっとも美しい姿。人生の進化を示す姿なのである。

▲トップへ戻る