患者による患者のための患者学

トップ → 学会創立メンバー紹介

学会創立メンバー紹介

安保徹先生

安保 徹(あぼ・とおる)先生

新潟大学大学院教授

安保先生は、最高の科学者にして哲学者である。なぜなら、〈人はどうすれば健康になれるのか〉という医学上の問題を解き明かすその言葉が、同時に、〈人はどうすれば幸せになれるのか〉という人生の真理を語っているから。

例えば、「生き方が変わらないと、ガンは治らない」などと。こんな免疫学者、他には知らない。

1980年

ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクロナール抗体「Ler-7」を作製。

1989年

胸線外分化T細胞の存在を発見。

1996年

白血球の自律神経支配を世界で初めて発見。

1999年

世界の「マラリア感染学」の常識を塗り替える大発見を発表。

2000年

世界中で百年にわたって信じられてきた、胃潰瘍=胃酸説を覆す論文を発表。その後も、世界の免疫学に衝撃を与え続けている。

〈安保徹先生 著書〉

ガンは自分で治せる

『ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明! 』マキノ出版

免疫学の第一人者が、免疫力を高めることでガンを克服する仕組みを解明。「自分で治せる」とは、抗ガン剤治療や放射線療法、手術に頼らず、自然治癒力を高めてガンを自然退縮させること。

免疫革命

免疫革命』講談社インターナショナル

免疫学から見たガンの本当の原因と治療法。 免疫力が上がると病気が治癒に向かうわけなど、世界的免疫学者が解き明かす、ガンやアトピーのメカニズム。

医療が病いをつくる

『医療が病いをつくる―免疫からの警鐘』岩波書店

免疫学の最先端をいく著者による現代医療批判の書。ガンをはじめ、糖尿病、胃潰瘍、腰痛、アトピーなど、なぜ病いはなかなか治らないのか。現代医療の根本的な間違いが病気を悪くし、医療費の高騰を招いている現実を指摘。病気の成り立ちや薬の作用を免疫学の立場から解明。

学会創立メンバー
川竹文夫

川竹文夫

安保徹

安保徹

寺山心一翁

寺山心一翁

昇幹夫

昇幹夫

船瀬俊介

船瀬俊介

-