患者による患者のための患者学

トップ → 学会創立メンバー紹介

学会創立メンバー紹介

寺山心一翁さん

川竹文夫(かわたけ・ふみお)

NPO法人ガンの患者学研究所代表

美しい言葉がある。

ウェラー・ザン・ウェル(Weller Than Well)。

人は、ガンになる以前よりもはるかに、心身共に健康で幸せな人生を送ることができる、という意味だ。

たとえどんなに絶望的な逆境にあろうとも、どこまでも明るい未来を信じて歩み続け、ついにこの言葉そのままの人生を手に入れてきた、ガン患者の先人たち・・・誇り高き彼らが、伝え育んできた、人生の進化を示す言葉である。

「ガンの患者学ワールド」は、すべての患者の人生に、この言葉が実現されることを、ひたすら目指す。

その目的のもと集まってくれるのは、間違いなく、我が国最高の叡智であり、良心であり、治す賢者たちである。

彼らとともに、この日、私たちは心を一つにしよう。

そして・・・。

ガンの〈原因〉をひもとこう。

ガンの〈治療法〉を、ひもとこう。

ガンの〈意味〉を、ひもとこう。

そして・・・。

この日を境に、見事に治り、ウェラー・ザン・ウェルを実現するのだ。

ああ、全国128万人とも言われるガン患者の中で、こんな一日を過ごすことができる私たち・・・

すでに、なんと幸せなことだろう。

1990年

腎臓がん発病をきっかけに、ガンの自然退縮の研究を開始。

1992年

NHKスペシャル「人間はなぜ治るのか」を制作。

1994年

幸せはガンがくれた」(創元社)出版、全国各地の病院で、入院患者の必読書となる。

1997年

ボランティア団体「ガンの患者学研究所」を設立。

2000年

ビデオセミナー「ガン・完全治療の法則」制作(人間出版

2001年

月刊誌「いのちの田圃」創刊。

2003年

世界初の「千百人集会」を成功させる。

2004年

治る食事」(人間出版)出版。

2006年

治る力」(ガンの患者学研究所)出版。

 

現在、セミナー・講演会で全国を精力的に飛び回っている。

〈川竹文夫 著書〉

幸せはガンがくれた

幸せはガンがくれた』創元社

ガンはどんな病気なのか、どうすれば治るのか・・・この本で基本的なことがしっかり身につきます。
ともかく、勇気がわいてきます。希望に顔が輝いてきます。
ガンになる以前よりも、心身共に幸せで健康になっていただきたい。そんな願いをこめました。
12人の方たちの体験談だけでなく、海外にまで取材をかさね、ガンという病気の本質が分かりやすく書かれています。

「ガン・治る法則」12カ条

「ガン・治る法則」12カ条』三五館

余命半年でも、余命3ヶ月でも、度重なる転移からの生還も例外ではありません。余命宣告ほどあてにならないものはない。ガンを治す新鮮・当然の常識集

学会創立メンバー
川竹文夫

川竹文夫

安保徹

安保徹

寺山心一翁

寺山心一翁

昇幹夫

昇幹夫

船瀬俊介

船瀬俊介

-